工場用水処理最高の性能で高速ろ過

 大量に水を使用する工場では、河川や湖沼から取水するときのろ過や工業用水からのスライム除去のためのろ過、水の循環再利用や排水の再利用などが行われています。
 用水処理では、大量の水を超スピードでなるべく凝集剤などの薬品を使わず、SS、濁度の除去が要求されます。凝集沈殿や加圧浮上では、Na、Ca、Fe、Al、Cl、SO4等の塩類の増大を招きますし、ROやUF膜では、高価で大容量処理には向きません。
本法は薬注無しで10〜50mHという超スピードで処理できますので、用水処理の前処理装置として不可欠であるといえます。更に原水にBODやNH4−Nを含む場合には、生物処理との組合せによって、更に水質を高めることもできます

(C) 2002 Daiwa Corporation. All rights reserved.